大豆製品

大豆製品の効果的な摂取方法

大豆製品は胸を大きくできるモノとして知られています。
大豆に含まれる成分がバストアップに効果をもたらすのがその理由ですが、ここでは大豆製品が胸を多くするのに役立つ理由と、その効果的な摂取方法を紹介します。

最近では大豆製品である豆乳を飲めば胸が大きくなる他にも、豆乳にはダイエット効果や美肌効果もあると話題となり多くの女性がいろいろな効果を求めて豆乳を積極的に摂取しています。
元アイドルで現在は女優の有名芸能人も、毎日豆乳を飲んでバストアップに成功したことで話題となっています。

大豆製品がバストアップに効果があるのは、そこに女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれているからです。
成長期を過ぎると胸の成長もストップしますが、バストアップに大きく関わる女性ホルモンのエストロゲンをたくさん分泌させることで、成長期が過ぎても胸を大きくすることはできると言われています。
したがって大豆製品を意識的に摂取することで、胸を大きくすることは可能となります。

実際に現在発売されているバストアップサプリやクリームなどにも、良く大豆イソフラボンが配合されています。
1日の大豆イソフラボンを摂取する目安は、約30mg~70mgとされていて、大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、過剰摂取は生理不順を起こしたり、サプリメントの過剰摂取は発がん性も指摘されているので注意して下さい。

大豆製品で代表的な納豆であれば1日1パック、豆腐であれば1日半丁程度で適量を摂取でき、豆乳であればコップ1杯程度で十分な量を摂ることができます。
最近では食の欧米化が進んでいて大豆製品を摂る機会が減っているので、胸を大きくしたいなら積極的に大豆製品を摂りましょう。
また大豆イソフラボンは摂取してから8時間後には半減してしまうため、適量を時間をずらして摂ることが最も効果的です。

このように、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンが胸を大きくする女性ホルモンと似た働きをするため、大豆製品はバストアップに効果的だと言われています。
1日約30mg~70mgを分割して摂取することで、バストアップ効果を高めることができます。