大豆製品

バストアップの基礎知識

胸が小さくて悩んでいる女性が最近では多くなっていると言われています。
その原因はファストフードなどによる乱れた食生活や、現代社会に生きる人たちが抱えるストレスとも言われています。
胸を大きくしたいならバストアップの基礎知識を学んで、適切な対策を取りましょう。

そもそも胸というのは乳腺と脂肪で形成されています。
割合的には乳腺が1割で脂肪が9割です。
したがって脂肪を増やすことが手っ取り早く胸を大きくすることにつながりますが、この時に問題になるのが脂肪は胸だけについてくれるわけではないということです。
たくさん食べて太れば確かに胸もある程度は大きくなりますが、ほとんどの女性はスリムでありながら大きな胸を手に入れたいと思っています。

妊娠をすると胸が大きくなることは多くの人が知っているでしょうが、そのメカニズムは母乳の準備をするために乳腺が発達するからです。
もちろん卒乳の時期を迎えると胸は元の大きさに戻ってしまうので、妊娠がバストアップにつながるとは言いませんが、乳腺を発達させるためには女性ホルモンの分泌を多くすればいいことが分かっています。

最近では胸を大きくするサプリメントがたくさん販売されていますが、それらは女性ホルモンを増やしてバストアップ効果を得ています。
サプリメントを利用しなくても、女性ホルモンをたくさん分泌させる方法はあります。
その1つが十分な睡眠を取ることで、睡眠不足が続けば女性ホルモンの分泌量が低下することが分かっています。
また、不規則な食生活を送っていると同じく女性ホルモンが低下してしまいます。
バストアップには、肉や魚や野菜をバランスよく食べることが効果的で、大豆食品や鶏肉にはバストアップ効果があるので、カロリーオーバーにならないように積極的に食事に取り入れましょう。
全ての面で規則正しい生活を送ることがバストアップにつながります。

このように、バストというのは乳腺と脂肪でできていて、乳腺を発達させることがバストアップにつながります。
そのためには女性ホルモンをたくさん分泌させることが必要で、十分な睡眠と規則正しい生活を送らなければいけません。